エリートなブログ

日時 : 2008/04/30 10:06

根津神社 つつじ祭り

家から自転車で根津神社へ行ってきました。

 

今は、ちょうど つつじ祭り の真っ最中です。

 

 

 

天気も良くて、予想通りすごい人出でした。

 

 

つつじも満開といっていいでしょう。

 

 

重要文化財の桜門

 

日光の東照宮に似ています。

 

 

こちらも重要文化財の本殿

 

Wikipediaで根津神社をしらべてみたら、その歴史の古さに

 

びっくりしました。

 

根津神社は、今からなんと1900年前に千駄木のあたりに建てられた

 

とのことで、建てたのはなんと やまとたけるのみこと だそうです。

 

やまとたけるのみことって実在の人物?ってこともびっくりです。

 

現在の場所には江戸時代に移されたとのことです。

 

 

おばあちゃん達の晴れ舞台

 

 

出店もいっぱい出ていました。

 

息子は、お祭りに行くと必ず 射的 をやりたがります。

 

まだ小学1年生なのでうまく照準も合わせられないのに

 

狙うのは、客寄せで置いてあるような当たっても絶対落ちそうも

 

ないようなものばかり・・・

 

結局なにも取れません

 

まあ遊びなんでいいですけど・・・

 

ランキング参加中

 

日時 : 2008/04/28 15:41

かに食べてきました。

日曜日の夜、家族で上野の かに道楽 へ行ってきました。

 

TVで蟹を食べるシーンを見て、小学1年生の息子が

 

「あ~うまそう・・・」とつぶやいていたので、たまにはと思い

 

高いけど奮発して行くことになりました。

 

 

焼蟹

 

家は家族4人ですが、夫婦と子供2人なのでコースを2種類と子供に

 

ご飯と味噌汁をもらいました。それでも十分なくらいボリュームがあり

 

一人ずつ1コース頼んじゃうと食べ切れません。

 

 

茹蟹

お刺身

蟹鍋

いろいろ出てきましたが、やっぱり蟹は茹でたやつに

 

お酢をつけていただくのが一番おいしいと思います。

 

 

店内の様子

 

今回注文したコースは、

 

 

と、

 

 

です。

 

最後にデザートのアイスもついて、子供たちも満足なディナーでした。

 

クリック↑

 

日時 : 2008/04/23 17:32

代々木公園の風景

アースデイ東京2008への行き帰り

 

駐車場から会場まで公園内を横切って歩きます。

 

代々木公園は、イベントなどがないときでも

 

何度か遊びにきていますが、

 

最初に来たときはびっくりしました。

 

広大な公園の敷地内のいたるところで

 

人々が思い思いのいろんなことを

 

みんな実に楽しそうにやっているではありませんか

 

一見すると「なにやってんだ?あの人」と思わず吹き出して

 

しまうような格好や行動でも、ここでは何の不思議もなく

 

ある人は一人大声で歌っていたり、ある人は太鼓の

 

リズムにあわせて踊っていたり、

 

カラオケ大会をやっているお年寄りのグループが

 

いたり、とにかくこんな場所は他にはないとおもいます。

 

 

駐車場からきれいな新緑の道を抜けていくと

 

 

なにやら忍者の特訓みたいなことをやっている集団に遭遇

 

 

軽快なリズムをきざむ太鼓楽団のまえを通り、少し歩くと

 

 

ヌンチャクおじさんに遭遇!

 

子供たちが熱心にヌンチャクさばきを教わっていました。

 

 

公園をぬけるとそこにはビートルズが・・

 

と、まあこんな感じで、ちょっと歩いただけでもかなり

 

楽しめちゃいます。

 

ランキング参加中

クリックプリーズ

 

 

 

日時 : 2008/04/21 18:13

EarthDayTokyo 2008へ

EarthDayTokyo

 

へ今年も家族で出かけました。

 

 

4月22日は、「地球の日」なのだそうです。

 

歴史は、意外と古く1970年にアメリカで最初に開催されたそうです。

 

僕は、一昨年位に奥さんにつれられて行ってはじめて知りました。

 

昨今、世界中で環境問題に対する関心が高まる中

 

自分も環境について考えてみよう!と思ったかは別として

 

そんな気持ちにさせてくれる良いイベントです。

 

 

リサイクルの古着屋さん。

 

 

会場のメインステージ上では、ちょうど沖縄のバンドが演奏していました。

 

会場内では、このほかにも各所で演奏が行われていて

 

それも世界各国の民族音楽がいたるところから聞こえてきて

 

まさに 地球 とか 民族 的な雰囲気です。

 

僕はいったことないんですが夏の音楽フェスタとかってこんな感じなんでしょうか

 

 

ステージや屋台で使用する電力は使用済みの天ぷら油を利用していました。

 

 

アースデイの楽しみのひとつは買い物ですが、今年は麻のTシャツを買いました。

 

他にもおいしいクッキーとかパンとかどこかの国の民族衣装とか石鹸とかありとあらゆる

 

ものがあふれ、外国の朝市みたいで楽しいです。

 

ランキング参加中

 

日時 : 2008/04/10 13:27

江戸三十三箇所 ~ 湯島聖天 心城院 ~

エリートイン湯島の真ん前に

 

江戸三十三箇所 七番札所 の心城院があります。

 

 

江戸三十三箇所とは内にある33箇所の観音札所のことで

 

江戸時代に観音霊場巡礼が流行したようで、当時は他にも

 

いくつかこういった三十三箇所巡礼があったようです。

 

でもなんで33箇所なのかは調べてないのでわかりません。

 

きっとなにか意味があると思います。

 

ちなみに三十三箇所の1番目は浅草の浅草寺で、6番目は

 

上野の寛永寺です。

 

 

さて、そんな江戸三十三箇所巡礼札所の7番目

 

湯島聖天 天台宗 心城院ですが↑の看板によると

 

元々は、隣接する湯島天神の境内にあったそうで

 

湯島天神の祭り神 『菅原道真公』 が聖天(しょうてん)

 

信仰が篤かったため、のちに当地に開かれたようです。

 

江戸時代には”富くじ”の発売所だったり、江戸の大火や

 

大震災、空襲などをくぐりぬけ現在にいたっている

 

由緒あるお寺だそうです。

 

 

境内には、江戸名水の1つ「柳の井」という井戸があります。

 

この水で女の人が髪を洗うとさらさらの美しい髪になるそうです。

 

関東大震災時には、湯島天神境内に避難した被災者の

 

唯一の飲み水として人々の命を救ったという伝説の井戸です。

 

 

境内にある池には、現在は金魚が泳いでいますが

 

昔は、縁起のいい亀が放されていたそうで ”亀の子寺” とも

 

呼ばれていたようです。

 

ランキング参加中

 

日時 : 2008/04/02 15:51

路地裏

 湯島界隈の裏町風景を紹介します。

 

 

↑このような”昭和”ってかんじの長屋がこのあたりには

 

ぽつりぽつりと残っています。

 

玄関先の緑がなんかいい感じをかもしだしています。

 

 

のら猫が、陽だまりでひなたぼっこしていそうな路地裏

 

 

こんな狭い路地裏も、地元の子供たちには

 

秘密のぬけみちだったりするのかもしれません。

 

ランキング参加中