エリートなブログ

日時 : 2008/04/10 13:27

江戸三十三箇所 ~ 湯島聖天 心城院 ~

エリートイン湯島の真ん前に

 

江戸三十三箇所 七番札所 の心城院があります。

 

 

江戸三十三箇所とは内にある33箇所の観音札所のことで

 

江戸時代に観音霊場巡礼が流行したようで、当時は他にも

 

いくつかこういった三十三箇所巡礼があったようです。

 

でもなんで33箇所なのかは調べてないのでわかりません。

 

きっとなにか意味があると思います。

 

ちなみに三十三箇所の1番目は浅草の浅草寺で、6番目は

 

上野の寛永寺です。

 

 

さて、そんな江戸三十三箇所巡礼札所の7番目

 

湯島聖天 天台宗 心城院ですが↑の看板によると

 

元々は、隣接する湯島天神の境内にあったそうで

 

湯島天神の祭り神 『菅原道真公』 が聖天(しょうてん)

 

信仰が篤かったため、のちに当地に開かれたようです。

 

江戸時代には”富くじ”の発売所だったり、江戸の大火や

 

大震災、空襲などをくぐりぬけ現在にいたっている

 

由緒あるお寺だそうです。

 

 

境内には、江戸名水の1つ「柳の井」という井戸があります。

 

この水で女の人が髪を洗うとさらさらの美しい髪になるそうです。

 

関東大震災時には、湯島天神境内に避難した被災者の

 

唯一の飲み水として人々の命を救ったという伝説の井戸です。

 

 

境内にある池には、現在は金魚が泳いでいますが

 

昔は、縁起のいい亀が放されていたそうで ”亀の子寺” とも

 

呼ばれていたようです。

 

ランキング参加中

 

トラックバック