エリートなブログ

日時 : 2008/08/05 17:37

東大の三四郎池

暑い休日の昼下がり、

 

長男が虫採りに行きたいと言ってきました。

 

虫採りといっても、ここは東京のど真ん中

 

近くでカブトムシやクワガタが採れるはずもなく

 

うーんと、考えました。

 

しかし、そういえば東大の中にある三四郎池のまわりは

 

鬱蒼と木が生い茂った森があるなと思い出し

 

自転車で、出かけました。

 

 

東大の広大な敷地の真中に三四郎池はあります。

 

なんでも夏目漱石の小説「三四郎」にちなんで三四郎池と

 

呼ばれているそうです。

 

 

池に到着しました。

 

早速、まわりを調査しましたが

 

こんな昼間っからカブトやクワガタがうろうろしている

 

はずもなく、それでも我が息子は一生懸命

 

木の割れ目の中を覗き込んでいました。

 

そして、ついに発見!

 

したのは、クワガタではなくカミキリムシでした・・

 

それでも、子供にとってはうれしいらしく

 

「パパつかまえて!」

 

虫は好きだけど自分でつかめないそうです・・・ Cry

 

 

トラックバック